歯周病・歯槽膿漏 - 歯ぐきからの出血、グラグラした歯、歯を極力残す歯周病の治療にこだわります - 秩父市の歯医者さん「上町吉田歯科医院」

健康によく噛めるを目指す 歯周治療

歯周病は最終的には歯を失うことになる怖ろしい病気です。
歯を失うと、噛みにくくなったり噛めなくなりますが、近年の調査・研究によると“よく噛めること”はお口の健康だけでなく体全体に好影響を及ぼすことがわかっています。
つまり健康な歯を維持することは将来の健康を獲得することにも繋がるのです。

当院では、患者様がいつまでもご自身の歯で過ごすことができるよう、将来の健康も考慮した歯周病・歯槽膿漏の治療に取り組んでおります。

ホントは怖い歯周病・歯槽膿漏

歯周病は史上最も感染者数の多い病気としてギネス認定された感染症です

歯周病は虫歯と同じく細菌による感染症です。
進行するにつれて、歯を支える歯ぐき・歯根膜・歯槽骨と破壊され、最終的には歯を失う病気です。
厚生労働省が2012年6月に公表した歯科疾患実態調査では、成人の75~85%の方が歯周疾患を有していると報告されています。また、平成17年に8020推進財団がおこなった「永久歯の抜歯原因調査」では、歯科医院で抜歯した方の約42%が歯周病が原因によるものとなっています。

  • 永久歯の抜歯原因調査報告
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る

歯周病菌と歯周病発症リスク

歯周病は生活習慣病! 歯周病菌が活動しにくい生活習慣を!
歯周病の発症リスク

お口の中の微生物は700種類以上と言われています。
歯周病の原因となるのはその中の数十種類、細菌や真菌(カビ)、寄生虫(原虫)などです。
歯周病菌とはこれら微生物の便宜的な総称です。

歯周病菌は口腔内の衛生状態が悪くなると活発に活動し、増殖します。
さらに生活習慣(食習慣・体調・飲酒・喫煙など)が乱れると体力が減衰し、免疫機能も低下するため、歯周病の活発な活動に拍車がかかります。
歯周病の発症および進行は、歯周病菌だけの問題ではなく、日頃の生活習慣にも要因があるのです。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る

歯周病菌とバイオフィルム

バイオフィルムは歯周病菌の温床! だからプラークコントロール!
歯面に付着したバイオフィルム

バイオフィルムは歯の周囲に付着した白っぽいネバネバした塊のことで、学術的な定義こそ若干異なりますがプラーク(歯垢)とも言います。

バイオフィルムは無数の微生物・微生物の排泄物や死骸などが強固に繋がりあったコロニーです。
表面の粘膜は免疫細胞や抗菌物質を跳ね返すバリアの役目を持ち、歯周病菌や虫歯菌が生息しやすい環境になっています。

このバイオフィルムを減らし口腔の衛生を保つことをプラークコントロールと言いますが、歯面に強固に付着したバイオフィルムは歯磨きだけでは落とせないため、歯科医院で定期的に除去する必要があります。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る

歯肉溝と歯周ポケット

歯ぐきの炎症から始まる歯周病! − 歯肉溝と歯周ポケット
歯ぐきの比較
健康な歯ぐきの場合は歯肉溝

歯肉溝とは歯と歯ぐきの境目のことです。
健康な歯ぐきはピンク色できれいに引き締まっており、歯肉溝の深さは2mm弱程度です。

歯周病の歯ぐきになると歯周ポケット

歯ぐきの炎症から始まる歯周病は歯肉溝の破壊から始まります。
歯肉溝は侵入した歯周病菌(バイオフィルム)によって深さを増し、歯周ポケットと呼ばれるようになります。
歯周ポケットは歯周病の状態を診るバロメーターです。
重度の歯周炎では歯周ポケットの深さが10mmを超えることもあります。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る

歯周病と様々な疾患との関係

口腔の健康状態は全身の健康状態に影響します!

歯周病は様々な疾患に影響をおよぼす病気です。
健康維持・健康増進のためには、歯周病や虫歯を放置せず口腔の健康に気遣う意識が大切です。

歯周病が要因となりえる様々な疾患
歯周病が要因となりえる様々な疾患
糖尿病 糖尿病は血液中の血糖値が異常に高まる病気で、さまざまな合併症を起こす危険性をはらんでいます。
歯周病と糖尿病は互いの治療効果を妨げ合う関係にあるため、医科歯科連携の同時治療が大切です。
誤嚥性肺炎 唾液や飲食物とともに微生物が肺に入る(誤嚥)ことで起こる肺炎です。
高齢の方に多いトラブルで充分な注意が必要です。
感染性心内膜炎
(細菌性心内膜炎)
歯ぐきの毛細血管から侵入した微生物が心臓の弁や内膜、心筋に感染して起こることがあります。
虚血性心疾患
(心筋梗塞・狭心症)
血液中に進入した微生物が原因で、心臓の冠状動脈が損傷し血栓が形成されることがあります。
この血栓によって血流が滞ると心筋梗塞や狭心症の危険性が出てきます。
内臓疾患 歯ぐきの毛細血管から侵入した微生物によって腎臓や肝臓に疾患が起こることがあります。糖尿病との合併症も懸念されます。
早産や低体重児出産 生体が歯周病に対して起こす免疫反応(スイッチ)と、生体の出産時期の合図(スイッチ)は似ており、生体の誤作動による早産の誘発が起こることがあります。
妊産婦の口腔ケアや歯周病予防は極低出生体重児の出生率を下げるとの報告もあります。
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る

歯周病の症状と進行

最初は歯肉炎、そして重度歯周炎・歯槽膿漏へ! 早期治療が大切な歯周病!

歯周病は歯周組織に起こる歯周疾患の総称で、軽い歯肉炎と症状の進んだ歯周炎に分けられます。
歯槽膿漏は歯周炎のことで少し前まで使われていた病名です。

定期検診の有効活用で、よく噛める歯をいつまでも♪ 歯肉炎のように歯ぐきの炎症で留まっているうちは完全な治癒が見込めます。
しかし、歯周炎になると歯槽骨の破壊(吸収)が起きているため、健康な状態に戻すことはできても失った歯槽骨を元の状態に戻すことはできません。そのため、歯ぐきが下がって歯根部が見えるようになったり、歯が大きく見えるようになったりします。

歯周病は“サイレントディジーズ”と形容されるくらい自覚症状の出の遅い病気です。
症状の軽い歯肉炎のうちは「あれっ? 何か変だなぁ」といった違和感にしか感じられないかもしれませんが、歯周病は確実に進行しています。
歯周病は症状の軽いうちの治療が大切です!
歯の長期寿命のためにも違和感を感じたらすぐに当院にご来院ください!

歯周病の進行と症状

歯肉炎
歯肉炎
歯周ポケットの深さ 3mm以内

歯肉溝に歯周病菌が侵入してバイオフィルムを形成し、歯周ポケットができています。歯ぐきの炎症に限られた状態で歯根膜や歯槽骨の破壊はありません。

歯ぐきが炎症を起こして少し赤く腫れていますが、この段階では自覚症状はほとんどありません。
歯科医院での処置と患者様自身の口腔ケアによって、健康な状態に戻すことができます。

バイオフィルム
多数の細菌の凝集塊で、歯垢(プラーク)や歯石(主に細菌の死骸が石灰化した塊)なる細菌の温床です。虫歯菌や歯周病菌などの要塞と言われています。
軽度歯周炎
軽度歯周炎
歯周ポケットの深さ 3~5mm程度

歯肉炎が悪化すると歯周ポケットはさらに深くなり、歯根深部への歯石の付着が始まります。
歯ぐきの炎症も大きくなり、出血や排膿などの自覚症状が現れ始めます。

歯を支えている歯根膜や歯槽骨の破壊はこの頃から始まります。

中等度歯周炎
中等度歯周炎
歯周ポケットの深さ 4~7mm程度

歯周ポケットがさらに深くなり、歯根膜や歯槽骨の破壊が進んでいます。
歯槽骨の破壊によって歯ぐきが下がり(歯根露出)、歯もグラつき始めます。

歯ぐきがブヨブヨとした状態になって、出血や排膿が頻繁に見られるようになると口臭もきつくなります。

重度歯周炎
重度歯周炎
歯周ポケットの深さ 6mm以上

歯を支える歯槽骨が半分以上破壊された歯周病末期です。
歯根露出が顕著になり、歯のグラグラmおさらに大きくなっています。
歯ぐきからの出血や排膿は収まらず、口臭もひどくなり、痛みから物が噛めないこともあります。

そのままにしていると歯は自然に抜け落ちてしまいます。
歯を残すことが難しい場合は抜歯も必要になります。

■ ■ ■

学校歯科健診の結果について

GO
ジーオー
歯肉炎に進行する可能性があるため経過観察が必要です
ご家庭での口腔ケアが不十分と考えられ、このまま放置することは危険です。
かかりつけ歯科医の指導や歯科医院での継続管理をお勧めします。
歯肉炎
歯肉炎または歯周炎の状態で治療が必要な状態
歯の周りに歯石が付着しており、歯ぐきが赤く腫れたり、出血が見られる状態です。
歯科医院で精密検査や適切な治療と口腔保健指導を受けましょう。
ZS
歯石の付着
歯の周りにこびり付いた歯石除去が必要です
歯石は歯科医院でないと除去できません。歯石は虫歯や歯周病の原因になるため、歯科医院で適切な治療や口腔保健指導を受けましょう。

お子様の学校歯科検診には以上の診断結果があり、歯周治療や口腔保健指導で改善することができます。
口腔保健指導には、正しい歯磨き方法の習得や食生活の改善、生活習慣の改善などがあります。

当院の院長は日本小児歯科学会の専門医の資格を有しておりお子様の治療には長けておりますので、お気軽にご相談ください。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る

歯周基本検査

お口の健康の第一歩! 歯と歯周組織の健康を診る歯周基本検査!
歯周病予防の基本! 歯周基本検査

歯周病で歯を失う方は高齢になるほど増加する傾向にあります。また、近年では生活環境の変化などの問題から歯周病の低年齢化が進んでおり、平成7年には学校歯科健診に歯周疾患の検査項目が追加されています。

当院では初診時や定期検診時に歯ぐきの健康状態を診る歯周基本検査を実施しております。
歯周病に感染している場合は検査結果をお伝えし、これから取り組むべき治療方法をわかりやすく説明しています。

問診

日頃の口腔ケアについて詳しくお聞きします。
歯周病を改善・予防するために、食事・飲酒・喫煙・ストレスなどの生活習慣、持病などについてお聞きします。

歯周ポケットの深度測定

歯周ポケット(歯肉溝)の深さは歯周病の進行度を診る上で、もっともわかりやすい指標です。

歯周病と健康な歯ぐきの歯周ポケット(歯肉溝)の比較歯周ポケットの深さによる判定基準

歯の動揺度検査

歯周病が進行するにつれて歯はグラグラと動くようになっていきます。
このグラつきを診るのが歯の動揺度検査で、歯の側面から力を加えて判定します。

歯の動揺度検査歯の動揺度検査の分類

レントゲン検査

パノラマ写真で歯列全体の感染状況を確認

レントゲン検査では、歯を支える歯槽骨の状態や歯周組織の炎症状態を把握することができます。

歯列全体の感染状況はパノラマ写真、感染部位の詳細を診るにはデンタル(1歯~3歯の写真)を用います。

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る

歯周基本治療

歯周病菌を徹底排除! 口腔内を衛生的にして治癒を目指す治療!
基本はプラークコントロール 歯周基本治療

歯周病の要因のほとんどは不規則な日常生活や不十分な口腔ケアにあります。
口腔環境が不衛生であったり、免疫機能が低下すると、口腔内の細菌(歯周病菌)は活発に活動するようになり、バイオフィルムは拡大し、歯周病も進行していきます。
歯周基本治療はこれらの要因を排除し、衛生的な口腔環境を目的におこなう治療になります。

また、口腔内を清潔に保つためにはプラークコントロール(口腔ケア)が大切です。医院においても自宅においてもプラークコントロールを中心に歯周病の治療を進めていきます。

モチベーション(動機づけ)

患者様との信頼関係でご家族の健康をサポートします

歯周病は慢性疾患でもあるため、改善にはプラークコントロールなど患者様ご自身の日頃の努力も必要になります。
このことから、歯周病の治療では患者様との信頼関係の構築も重要な要素となります。
そのため、歯周病の状況やこれからの治療計画、治療期間、口腔衛生の重要性などをわかりやすく説明します。
そして、当院と患者様とで互いに強力しながら歯周病の改善を目指していきます。

TBI(歯磨き指導)

プラークコントロールの基本は歯磨きですが、歯周病の治療の成否はこのプラークコントロールによって大きく左右されます。そのためTBI、つまり正しい歯磨き方法をマスターすることが大切になります。

TBIでは染め出しによる磨き残しチェックによって歯磨きの欠点を確認し、患者様にあった歯磨き方法をできるだけ詳しく説明します。
口腔状態によってはデンタルフロスや歯間ブラシなどの使用方法も説明します。

歯間ブラシやデンタルフロスの使い方もご説明します

スケーリング(歯石除去)

スケーリング(歯石除去)

歯面に付着した歯石は石のように硬く、そして強固にこびり付いています。
歯磨きで落とせないばかりか、歯面は歯石で凸凹の状態になっており、歯垢(プラーク)がさらに付着しやすい状況になっています。

スケーリングは歯ぐきより上に付着した歯石を専用の器具や機器を用いて効果的に除去する治療です。
歯周病の治療としてだけではなく、口腔の健康を維持する上で基本的であり、また重要な治療として位置付けられています。定期健診毎に実施することで、さらに高い予防効果を期待することができます。

スケーリング・ルートプレーニング(SRP:歯石除去+歯根面クリーニング)

スケーリング・ルートプレーニングは歯ぐきより下の歯周ポケット内の歯根部に付着した歯石や歯垢(プラーク)を除去する治療です。
歯周病菌に侵された歯根部を衛生的な状態にした後、歯石や歯垢の再付着を防ぐために表面を滑らか(滑沢)な状態にします。

歯周ポケットの深さが3mmを超える軽度歯周炎からの治療として、また重度歯周病などの外科手術の前処置として有効な治療です。
通常はスケーリングと併せておこないます。

スケーリング・ルートプレーニング(SRP:歯石除去+歯根面クリーニング)

歯周病応急処置(急患の患者様の治療など)

痛くて噛めないなど歯ぐきの違和感を持って来院された方の応急処置です。
歯の大きな動揺(グラグラ)など生活に支障をきたしている場合は、隣の歯に固定する処置(暫間固定)などの応急処置をします。
周囲の歯への影響面などから、状態によっては抜歯することもあります。

その他の歯周基本治療

歯周基本治療には、これまでご案内した治療の他に以下のような治療があります。

歯周ポケットの清掃 不良補綴物などの修正・除去 保存不可能な歯の抜歯
虫歯の処置 咬合機能の回復処置 暫間固定
知覚過敏症の処置 悪習癖改善(歯ぎしりなど) 応急処置
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る

歯周外科治療

歯周ポケットの改善と歯ぐきの修復が目的の歯周外科治療

歯周基本治療によって歯周病が改善に向かっても、下がってしまった歯ぐきは改善されませんし、深くなった歯周ポケットも容易には改善されません。

歯周外科治療は基本的に重度の歯周病の治療方法です。
下がった歯ぐきの改善などさらなる治療をお望みの方や、歯を長期間残したいとお考えの方にお勧めの治療方法です。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

歯周ポケット内やその歯根面の歯石や歯垢(プラーク)、汚染されたセメント質、炎症した歯肉を徹底的に除去して、殺菌・消毒し、歯根面を滑らかにして歯垢や歯石の付着を防ぐとともに、歯ぐきなどの組織が歯根面に再付着するよう促す手術です。

歯肉切開などの外科手術でないため簡単な手術だと思われがちですが、肉眼で確認しながらできる手術ではないため技術が要求されます。
掻爬(そうは)は「かきとる」という意味です。

歯周ポケット掻爬(そうは)術

フラップ手術(歯肉剥離掻爬術)

フラップ手術では、まず歯肉を切開して歯槽骨から剥離し、歯根や歯槽骨を露出させます。
その後、歯周ポケット内やその歯根面の歯石や歯垢(プラーク)、汚染されたセメント質、炎症した歯肉を徹底的に除去して、殺菌・消毒し、歯根面を滑らかにして歯垢や歯石の付着を防ぐとともに、歯ぐきなどの組織が歯根面に再付着するよう促す手術です。

フラップ手術(歯肉剥離掻爬術)

エムドゲインゲルによる歯周組織再生療法

重度歯周病によって失った歯肉や歯槽骨などの歯周組織を誘導・再生する手術です。
まず歯ぐきを切開して歯槽骨から剥離します。
その後、歯周ポケット内やその歯根面の歯石や歯垢(プラーク)、汚染されたセメント質、炎症した歯肉を徹底的に除去して、殺菌・消毒します。
その後、ゲル状のエムドゲインを塗布して歯肉を元に戻し、経過観察をしながら自然治癒を待ちます。

エムドゲインゲルによる歯周組織再生療法

  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る

上町吉田歯科医院からのお知らせ

◇初めて来院される方向けに印刷してご利用頂けるマップを用意しております。

◇当歯科医院への連絡は携帯ホームページをブックマークしてご利用ください。

埼玉県秩父市の歯医者さん 上町吉田歯科医院

当院は完全予約制の歯科医院です。
急患の方は診療時間内にあらかじめお電話でご相談ください。
その際、症状や痛みの状態を具体的にお伝えいただけると対応しやすくなります。
ご予約なく来院された場合はお待たせしてしまうことがありますのでご理解くださいませ。

ご案内の電話番号は患者様専用ダイヤルです。
業者様のお電話は患者様の迷惑になりますのでお控えください。

  • 診療時間
  • アクセスマップ
  • ホームへ戻る
  • このページのトップへ戻る